belgianbeercafeベルジャンビアカフェを趣味でまとめました

ベルジャンビアカフェとは?

ベルジャンビアとはベルギーのビールのこと。日本でも国産のメジャーなビールの陰に隠れて密かに人気を博しています。

ベルギービールは、ベルギーで生産されるビールの総称である。日本ではラガービール以外のバラエティに富んだビールを指して狭義の意味で使う場合が多い。1997年のデータによると、ベルギー国内に125の醸造所があり、銘柄数は、OEMや輸出用銘柄等のレーベル・ビールを含めて1053種類、そのうちオリジナル・ビールは780種類におよぶ。スタイル別にみた場合はオリジナル・ビールが1159種類でレーベル・ビールが388種類の合計1547種類である。ベルギーの人口に鑑みた場合、この数は多いと言える。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB

このベルギービールを提供するお店を、ベルジャンビアカフェと呼び、近年日本国内でも親しまれています。

なぜベルジャンビアが美味しいのか

ベルジャンビアは普通のビールが飲み慣れない方にも飲みやすいという評判があります。その理由は種類が豊富であり、幅広い年代層や顧客層に対応できるから、ということでもありますが、その味の決め手となっているのが、酵母と使われている水の水質です。

通常ビールの酵母は発酵が進むと麦汁から浮き上がってきます。こうした麦汁の上積みを用いるか、沈降したものを用いるかが、そのビールの味に大きく関わります。

日本国内のビールは主に下面発酵のビールが用いられ、沈降した酵母を利用して作られていますが、ベルジャンビアは上面発酵のエール酵母が用いられたエールビールです。エールビールは日本のスッキリゴクゴク飲めるラガービールとは違い、フルーティで味わい深いのが特徴です。その味わいと趣はワインによく似ています。

また、ベルギーに流れている水は硬水ですが、この硬水が含む豊富なミネラルが、ベルジャンビアのような濃色ビールには欠かせません。軟水を用いた場合日本人に広く親しまれているピルスナーのようなゴクゴク飲んで楽しめる淡色ビールができますが、硬水を用いることでベルジャンビアの味はさらに個性的に仕上がります。

なぜベルジャンビアカフェを薦めるのか?

ベルジャンビアばかり扱うベルジャンビアカフェならではの魅力とはなんでしょうか。それはやはり豊富な種類のビールから、自分にピッタリのものを選び出すことにあるでしょう。

数多くのベルジャンビアが選べて飲み仲間と一緒に楽しめる

1000を超える種類を誇る種類のなかから初心者の目利きで美味しいベルジャンビアに出会うのは困難です。バーでワインを愉しんでいるその瞬間を思い出して頂きたいのですが、ベルジャンビア最大の楽しみは、まだ人生で出会ったことのない新しくて美味しいものにこれからも出会うことができるということです。

仲間たちと楽しみながら数多くのベルジャンビアを飲み比べるもよし。新しいおすすめを教えてもらって楽しむもよし。これまでまだベルジャンビアに触れたことがないのであれば、ぜひその新しくも伝統的な味わいを知ってください。

ビールを飲む者は床に就くのが早い。長く眠る者は罪を犯さない。罪を犯さない者は天国に行ける。よってビールを飲もう!

マルティン・ルター Martin Luther

筆者が親しくさせて頂いている企業

ワンダーランドサッポロ

札幌市内かつ日本で最大のスノーモービルランド。夏はアウトドアアクティビティを楽しめます。

https://www.wonderlandsapporo.com/

シベリア興行

札幌発のVR事業。IT全般において手広く展開中。いまだかつて誰もしたことのない体験を。

https://siberiakogyo.com/